2017年10月31日

楽しい。

おしゃべりをされるけれど こちらの問いには

いつも同じ返事で答えてもらえないYさん。

お母さんやお姉さんと大好きな温泉に行く予定を

未来の日付で紙にびっしり書いてくれました。


2033年5月3日、とか。

曜日を入れて書くのですが iPadでその日付を調べると

ぴったり、一致しています。


山元加津子さんからカレンダーの日付と曜日が一瞬でわかる、

お子さんがいると聞いていました。


Yさんは遠い未来の予定や近い未来の予定を楽しそうに書き、

「これで面談を終わります。ありがとうございました。」と言って

出て行きました。


指談をしなかったけれど Yさんの心が軽くなっているといいなぁ。





  


2017年10月31日

指談で 面談


7月の「耳のまほう」のイベントでご縁をいただき、

NPO法人の継続B型の就労施設で働く方々と

お話をさせていただきました。


言葉が出せても おうむ返しになったり

思いと違うことが口から出てしまう方もあります。


Kさんは おうむ返しになるものの指談で

一旦私の声にすると自分で声出して

思いや氣持ちを文字にできるお嬢さんでした。


私が指先で聞き取って 声に出し、紙に何枚も

Kさんが思いを書きました。

音がいくつも重なって聞こえる場所が苦手。

外部でのお掃除で塵取りの音が嫌いと教えてくれます。

拭き掃除なら静かなので 落ち着いてできるそうでした。

言葉だけでなく、身振りも鏡のように真似られて

「恋ダンス」なんかも見ただけでコピーできて

すぐに踊れちゃうんじゃないかしら。


話をしていくとKさん自身の言葉が

指談に混じって口に出ることも何度もあって

おうむ返しの奥に流れている本来の思いも

聞けたのでした。


お人柄も伝わる素敵なお話をしてくださいました。