2017年10月11日

耳が動かせる!




8月に初めて会って指談でおしゃべりをさせていただいた、たくくんは22歳になりました。



先日、能の発表会での上京のタイミングに合わせて

たくくんの叔母さまのKさんも関西から同席されて

お話をさせていただきました。



前回はほとんど目をつむっていたたくくんですが

朝からぱっちり目を開けて待っていてくれました。



指談でお話をしてから 毎日泣くような表情が続いていること、

その理由やどういうことをして欲しいのかを尋ねたいというのが

おかあさんのご希望でした。



悲しくて泣くとか、辛いから泣くとかではないことが伝わりました。

(感情を)閉じ込めてきたけれど 閉じ込めなくていいとわかったから

閉じ込めてきたものを外に出してるだけ、と教えてくれました。


でも、泣き顔じゃない方が見ているご家族は安心ですね。

「最近、笑顔が見れないね。笑ってよ」という

おかあさんと叔母さまの声に たくくんの口角が上がったんです。

笑顔でぽいぽいってできたらいいですねぇ。

何故って、たくくんの笑顔は世界を幸せにしてくれるような笑顔。



そして右耳の炎症のケアのことでは 今、痛みはないことも

教えてもらいました。

それでこの時に右耳にみんなが注目していると 


動きました!


おかあさんが発見しました。


ハイ、というタイミングで、左耳は動きませんが 

右耳の上の方だけをくいっと動かすことができます。


すごいです。


内面からの思いをハイ、とイイエだけでも可視化できると

コミュニケーションがより、しやすくなります。


二度会っただけですがたくくんが今後に

どんな化学変化を見せてくれるのか、楽しみです。












  


2017年10月04日

和尚さま


ご無沙汰していた鹿児島のお寺に

田口ランディさんをご案内して久しぶりに

行ってきました。

金木犀の優しい香りが漂うお寺は鎮まっていて

優しく迎えてくれました。



毎月28日には 護摩供養をされていて

一般の人も心を合わせて ご真言や般若心経を唱え

参加することができます。


霊山として名高い、冠岳西岳の中腹にあって

とても尊敬している和尚さまと、お坊様たちなのです。


ご無沙汰していても

「一度でもここに来た人なら思うだけで繋がれるからね」と

言ってくださる和尚さまです。


霊山として名高いこの場所に来ると

心身ともとても癒やされるのを感じます。


お墓を売ったり、お葬式をされるのではなく、祈りのお寺なのです。


創建から1300年祈られていたお寺が

明治の廃仏毀釈ですっかりジャングルのようになっていたお寺跡を

30年余りかけて、ご自分たちで整備されてきたお坊さんたちです。




護摩供養の翌日に和尚さんとお話の時間をいただいて 私は

指談のこと、白雪姫プロジェクトのことをお伝えしました。


和尚さまは「入我我入」のことをお話ししてくださいました。

仏様が自分の中にあること、自分が仏様の中にあるということ。


平らかな関係、分け隔てない関係、

それは指談でいつも心がけていることです。

和尚さまは 指談をご自分もできるようになりたいと

おっしゃいました。


ありがたいと思います。