2018年01月08日

いのちは ヤワじゃない




数年前からの お付き合いのKさんのご依頼で

10年ほど療養中のお母さまの病院に面会に行きました。


年末年始、急激に状態が悪化されて いのちの危機に

直面されたそうです。


身体に触れて 少しずつお話をしていきます。

触られることを拒否する感じではないことに ほっとしました。


そして指談でお話すると 表情がはっきりとしてきます。

瞑っていた右目をしっかり開けて 目の動きも出て

数字を一緒に書いたところで、なんだかお母さまの内面が

ぐうっと動いた氣がするのです。

時々声も出ていました。


いのちは儚く見えても 寿命がある間は生きられる。

「いのちはそんなにヤワじゃない」と杉浦貴之さんが言いました。

いいふうに回復されることを願っています。