2018年05月24日

けんちゃん

良ちゃん主催の 指談教室には 良ちゃんのお友だちも

何人か来てくださいました。


けんちゃんは介護タクシーでお母さんとヘルパーさんと

参加した青年です。


介護タクシーの予約時間が 指談教室の途中まででしたが

「晴れて氣持ちがいいから、帰りはお散歩のように

歩いて(けんちゃんはストレッチャーで)帰ろう!」とお母さんが言って

残ってくれたのでした。


少し発語もあって、痛い、痛いと

毎晩のように寝るときに言うことを

お母さんは心配されていました。

どこが痛いとは言わないので 心配です、と。


でもけんちゃんに尋ねると指談での答えは

「痛い!は 寝静まる時間への不安で

実際に痛むことではない」そうでした。


そうしたらけんちゃんが「(音楽を)かけて、かけて」とも言うと

おかあさん。


静寂への不安を消すことで痛いと言わなくなるのかも知れません。


「けんちゃんは昼間にうとうとしたり、休めるけれど 痛い!痛い!って言うと

お母さんが夜に眠れないじゃない?

お母さんが疲れてしまうと けんちゃんのお世話ができないよ」と

私が言ったその瞬間に目を見開いて あ!っというお顔をけんちゃんはしました。

その時に けんちゃんを見守っていたみなさんも どよめきました。


うっかり忘れてお母さんに甘えていた様子です。

けんちゃんは言葉数が少なくても 理解があり、思いもあると

わかったことで お母さんの心配も小さくなりました。

そしてちょっと照れたけんちゃんが素敵でした。