2019年06月14日

りんくん



小学生になったりんくんは 私の姿を見ると
まるでブリッジでもするように 反り返って
話したい!とアピールしているようでした。

元氣だった?と声をかけると
「僕、元氣だよ、前よりも元氣だからね。」と
伝えてきました。

日曜日はママと一緒にワークショップで
たくさんおしゃべりしようね、と言ってたら
3歳のそうくんが抱っこされてそばに来ていました。

可愛いダウン症のお子さんです。

一旦できていたおまるでの排泄が できなくなって
その訳を支援のスタッフさんが知りたいとこのこと。
でも、初対面でその話題は すぐには答えにくいことです。

で、りんくんに そうくんがどう思っているか、聞いてくれない?と
頼んでみました。

りんくんは指談で 隠して欲しいって、と伝えてきました。

あれ?かくしてないの?とスタッフさんに聞いたら
横にボードは置くけれど 前後は解放されてるみたい。

そうだよね、前も後ろも遮って欲しいこと、あるよね。
背中でも見えてるらしい勇者さん、私はこれまでに何人も知っています。

りんくんのお蔭で 初対面で緊張してる、
言葉のないと思われるそうくんの思いを
聞けたのなら嬉しいです。

スタッフさんも思いがわかるとそうくんのサポートがやりやすいですね。
  


Posted by まきの じゅんこ at 23:50Comments(0)

2019年06月14日

一年で。




自閉症のMくんと会ったのは二度目でした。


一年前とは違うところがたくさんありました。

多動の傾向があったり、キッチンの開きを開けてしまうので
扉にはストッパーを付けていらっしゃいましたが
今回は ストッパーはあるものの ロックしなくてもよく、
出かけたいときは 勝手に飛び出すのではなくて
ママのショルダーバッグを持って行こう!と
意思表示ができます。

多動の傾向があるとき、私はSTさんから教えていただいた、
「へそ放射」という身体へのタッチをご家族に伝えます。

Mくんのパパは一年間、毎日 Mくんに
その、へそ放射を続けていました。

Mくんの落ち着きにも へそ放射はよかったんだと思います。
テレビで好きなシーンを繰り返し見る様子も変わったなぁ。

日曜日のワークショップにはMくんのご両親も来てくださいました。

  


Posted by まきの じゅんこ at 23:25Comments(0)

2019年06月14日

えいちゃんが中継してくれて。


小学生が四人集まってくれて 指でおしゃべりの会をしていただきました。

四人とも何度か指談の経験があります。

一緒にいても 四人とも目を合わせるとか
同じ遊びをするわけではないのですが
一緒に遊べて楽しかったんだそうです。

スマホを耳に当てている、りんくん。
バランスボールでリズムを取るひろくん、
ビデオを見ているえいちゃん。

ひろくん、手を触られたり、トイレ訓練のような話題を話したくないのです。

それで えいちゃんに サテライトのお手伝いを頼みました。
お願いすると こちらを見て、えー?っという表情ですが 私に手を出してくれました。

この日は 爪を噛むのはなぜ?とママからの聞いて欲しいこと、が前もって連絡がありました。

爪を噛むのは 辞めた方がいいのに、辞められないと 見るのか、
そうすることで心を落ち着かせることができると知る能力があって、心を落ち着かせる仕草なんだとみるか、見方を変えられませんか?とお話しました。


ママからは「しゃべらないどもたちがおしゃべりをしていて楽しんでいることが一番よかったこと」と感想をいただきました。

会うたびに 成長が感じられる勇者さんたちでした。  


Posted by まきの じゅんこ at 02:07Comments(0)白雪姫プロジェクト