2016年06月23日

海の波



満月も過ぎ、夏至も済んで 6月も残りわずかです。

ご縁をいただいて 戸隠へお仲間と行ってきました。


信州に生まれても 戸隠に足を運ぶのは初めてです。

戸隠講といって 周囲の何軒かが講を作り

毎年、どなたかが総代として戸隠神社に参拝して

みんなの家にお札を預かってくれ、実家でも神棚に祀っていました。


今月は久高島の海で新月を迎え、戸隠の山で満月を過すという、

ありがたい流れでした。


自然の中に入ると感性が開かれると、「無意識の整え方」という本で

「森へ」の社長さんが言っています。

日常に五感を使うことで第六感も開かれるのだとも。

久高島も戸隠神社も 感性を開く場だったと思います。



私たちは海の波のように ひとつひとつ違っているけれど

海はその波を全て含んででひとつ、という例えを矢作直樹さんがされています。


離れていると感じても視点を変え、俯瞰すれば繋がってひとつなのですね。









同じカテゴリー(それは 本当だろうか?)の記事画像
老衰と言うけれど
わかっている人になる。
思い込み
倉敷
過敏な感覚で 生きること
プロトタイプ(原型)
同じカテゴリー(それは 本当だろうか?)の記事
 老衰と言うけれど (2017-07-13 17:34)
 わかっている人になる。 (2016-11-09 17:15)
 思い込み (2016-09-28 10:45)
 倉敷 (2016-08-09 17:14)
 過敏な感覚で 生きること (2016-07-26 23:52)
 プロトタイプ(原型) (2016-06-16 10:36)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。