2017年03月04日

残された時間に


愛媛の方から お友達のお母さんと指談ができないかしら?と

お問い合わせがありました。


入院先は東京で、ちょうど2/22の上京を一日伸ばせば病院へ

お伺いできるタイミングでした。


とても可愛い!というのが第一印象でした。

小柄で素敵なおばあちゃまが ベッドにいらっしゃって 指談で

思いを伝えてくださり、ご主人には

「自分のことが自分でできないんだから やってもらいなさいよ。

ありがとう。ありがとうって言って 遠慮せずにやってもらうんだよ」と

伝えたのでした。

病室に来たら手を握っていて欲しいこと、

目を閉じていても 来てくれたらわかって嬉しいことも教えてくれました。



そして一週間後に 旅立たれたと 息子さんから連絡がありました。

「伝えたい気持ち」と「気持の共感」が得られたと感じたことを

息子さんに 教えていただきました。

人生の一瞬に触れさせていただき感謝します。

安らかに、と祈ります。


同じカテゴリー(深い想い)の記事画像
積み重ねていく
指でおしゃべり会  甲府
かんちゃん
さくやちゃん
筆談から  ポインティング、トーキングエイド
来週は仙台へ
同じカテゴリー(深い想い)の記事
 積み重ねていく (2017-03-31 00:39)
 指でおしゃべり会 甲府 (2017-03-16 21:44)
 かんちゃん (2017-03-16 15:50)
 さくやちゃん (2017-03-06 17:00)
 筆談から ポインティング、トーキングエイド (2017-01-17 20:58)
 コーマワークのシンポジウム (2016-12-13 21:58)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。