2017年05月21日

ニューヨーク 2


伊丹でチェックインして 電動車椅子を 預けました。

バッテリーは外して梱包され、機内へ持ち込みます。
成田で荷物はそのままスルーで ニューヨークJFKまで。

成田の乗り換えでは コンテナのようなリフトで後部ドアから地上へ、
クーラーも付いていて窓もあります。

そして出国手続き後、乗り継ぎのゲートへ。
車椅子優先があり、付き添い一人までは別の窓口で手続きされます。
一般のところに並んでいてもその優先窓口が空いていれば呼んでくださるので
手続きはすんなりと済みました。

ゲートのところでかっこちゃんとアルバさんにも会えました。
かっこちゃんとアルバさんも一緒に搭乗できますよと係りの方がおっしゃって
まだ誰もいない飛行機に乗り込みました。

座席は足元の広い席で障がい者用の広いお手洗いの近くを勧めていただいて
離陸時に荷物は足元に置けないけれど とても楽でした。

成田からニューヨークへは13時間。
身体が冷えやすいちえちゃんに毛布を余分に3枚いただいて腰と右半身に
使いました。

映画を観るモニターはテーブルと一緒の肘掛けのところに格納されていました。
タッチパネルも使えて機内で座席から座席へメールもできることを
かっこちゃんが教えてくれました。

ニューヨークJFK空港に着いて 一番後からANAの車椅子で入国審査へ。
私も初めてでしたが無人の入国手続きの機械があります。
右手の4本の指を揃えて指紋が認証されたら親指、続けて左手の4本、そして親指。
ちえちゃんは指を揃えての指紋認証が難しく、有人窓口へ。

指紋認証の機械の角度や高さを工夫してもらって無事に審査終了しました。

荷物をピックアップして 電動車椅子にバッテリーを差し込んでタクシー乗り場へ。
ガイドブックには車椅子対応のバンが増えていると書いてありました。
事前の予約はしませんでしたが係の方が指示をされてすぐにタクシーが来て ほっとしました。
車椅子だから料金が高くなることはなくて高速を使うかどうかやトンネルを使うかどうかで
少し違ってくるそうです。

ホテルの住所と名前を伝えて 約1時間、無事にホテルに到着しました。
(続きます)


同じカテゴリー(出会い)の記事画像
筆談 逆バージョン
石川県へ
いつか話せたらと思っていました
ねむの木村
れんちゃんと ひろくん
ニューヨーク 6
同じカテゴリー(出会い)の記事
 筆談 逆バージョン (2017-09-23 21:57)
 石川県へ (2017-09-17 03:52)
 いつか話せたらと思っていました (2017-09-02 12:16)
 ねむの木村 (2017-08-18 21:16)
 れんちゃんと ひろくん (2017-08-01 17:30)
 みずきちゃん (2017-07-29 08:18)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。