2017年06月09日

猫また猫(^^)



特急サンダーバードに乗って 小松へ。

一番前に指定席を取ると 大きなテーブルとコンセントがあるのです。

ワイドパンツの縫いかけを ちくちく手縫いして移動です。


白山の雪も残り少なくなりました。

小松でかっこちゃんと合流して 以前にも何度かお目にかかったKさんのおかあさんに会いに。

意識障害で何もわからないと言われたおかあさんですが 瞬きでお嬢さんと

会話をできるようになりました。

おとうさんも病室で おかあさんに話かけてくださるようになったそうです。


久しぶりにお会いすると 表情が豊かになっておられて 猫の話題では

「可愛いですか?」とたずねたら「私はまぁまぁ、ですけどね」と笑い顔になり、

おとうさんが 御見舞いに来てくれることについては 涙も見せていらっしゃいました。

大好きな思いや、すまないなぁという思いや 来てくれると安心できると。

もうひとつの病院は もう何度目でしょう、伺う度にできることが増えていて

おかあさんが意識障害の息子さんのリハビリを賑やかに、明るくてパワフルに

毎日なさっていて 息子さんも笑いがよくでています。


おかあさんが「うちに猫がおるんよ」と話された途端に意識障害の息子さんが

笑い出して 指談で「この話は笑えますよ」と教えてくれます。


朝4時頃に 元飼い猫で息子さんもよく可愛がった猫(今は 納屋を住処にしている)と

野良猫が外で喧嘩してるのがうるさいからと おかあさんは雨の降る中を 追い払おうとして

足元が滑って逆に転んでしまったそうです。

このあたりで、息子さんは大笑いされました。

目蓋を打って目のまわりに怪我をされたそうなのに。「まだ4時頃だったからまた寝て」とおかあさんが言うと 息子さんは笑いすぎ!と思うくらいに笑い、

指談で「またそこから寝るんか!」とつっこみが入りました。

私もかっこちゃんもお腹をよじって大笑いになってしまいました。

初めてあった頃、笑顔もなく、顔をゆがめていたことが嘘のようないい表情が出せます。

厳しい毎日だと思いますが指談の時間に希望のかけらだけでもみつけてくだされば嬉しいです。



同じカテゴリー(指談(ゆびだん)って?)の記事画像
たくくん
海に行ったよ。
れんちゃんと ひろくん
体感することで。
指談の冊子
別け隔てない関係
同じカテゴリー(指談(ゆびだん)って?)の記事
 たくくん (2017-08-16 19:53)
 海に行ったよ。 (2017-08-05 20:11)
 れんちゃんと ひろくん (2017-08-01 17:30)
 体感することで。 (2017-07-20 05:05)
 指談の冊子 (2017-07-09 18:54)
 どうしてできるんですか (2017-07-06 13:11)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。