2018年01月23日

指談・ことば教室 第9回

りょうくんと参加されたみなさんと 指談。

僕を練習台に使って、というりょうくん。


おかあさんと指談でも対話ができるようになって

安心感が とても大きくなったことも

教えてくれます。


望月さんが 作曲するから 詩を聞かせて、と言い

「ここから」という詩を指談で

伝えてくれました。

指談の練習台になることが 役に立っていること。

それが嬉しいというりょうくん、笑顔も出ました。


次回は第10回、4/22に山元加津子さんも一緒です。


  


Posted by まきの じゅんこ at 17:19Comments(0)深い想い指談の講習会

2018年01月23日

たかこちゃん



昨年の1月中旬に

まだ小さな人の命が お空に帰っていきました。

直接会ったのは 一昨年の夏。

小児病棟で 事故で意識障害の状態でした。


小さな小さな手は 私の指を握ることができず

かかとで指談をさせていただきました。


何度も「奇跡的に回復」してみせたのに

昨年の1月は 救急搬送されてそのまま お空に帰ってしまった、

たかこちゃん。

お空に帰る日に ふうっと私がたかこちゃんのことが氣になって

おかあさんにメールをしました。

そのタイミングが 救急搬送された時でした。

おかあさんとお父さんも指談で 対話ができていました。


一生懸命生きて生ききった素晴らしいいのち。


お別れを知らせてくれたのかもしれません。



ずうっと寒さが厳しかった大阪ですが

少し寒さが緩んだ日に 一周忌でした。

きっとお空から 微笑んで見守ってくれていますね。  


Posted by まきの じゅんこ at 16:51Comments(0)深い想い

2018年01月10日

長崎へ

ずうっと何年も 一緒に過ごした友だちが

急に 病氣がわかって ふた月ほどの闘病期間で

天に帰ってしまったとしたら 残された人には

それは どんなに大きな哀しみのできごとでしょう。


よきライバルでもあった Mさんが

急に亡くなった深い哀しみの中で

ずうっと一緒に過ごしていたのに

これからどう生きたらいいのか、

不安しかないと、指談で教えてもらいました。


亡くなった人は戻ってこないけれど

いつも そばに来てくれる存在へと

形を変えて新しいエネルギーになっているように

私には 思われてなりません。


自然の中に入ってみることや

美しい空間で 哀しみを癒して

残った者は 亡くなった方からの

いのちのバトンを 生ききることで

大きなひとつのいのちを共に生きていくのだと

そう感じ、そう信じています。




長崎へ。

大浦天主堂の光の中へ。

哀しみを 生きる力に変えられるように。


その旅にご一緒することになりました。

ガイドヘルパーのように

指談でお話することで 力になれると

嬉しいです。


  


Posted by まきの じゅんこ at 22:30Comments(0)深い想い

2017年11月10日

わかっているね!


台風の日に 伊丹市まで指談の講習会に来てくださった

Tさんのご自宅に伺って

自閉症の傾向のある中学生のお嬢さんと

指談やいろいろな方法も使って

お話をしてきました。


Sさんは ちいさな動きの頷きや

手の仕草や 手話のように形を決めて

ご家族とコミュニケーションが取れていました。


指談もさせていただいて おしゃべりをすると

Sさんが とてもよくなんでもわかること、

伝えることが少しばかりユニークな方法だったり

ちいさな動きでしてくれていることが見えて来ました。

やりたいことは ほかの人が笑顔になることをしたい。

指談でそう言って 笑顔になりました。


お父さんもお仕事を調整されて 見守ってくださり

これから わかっているお子さんとして声をかけると

おっしゃいました。


Sさんが指談でなくても 表出の方法をいくつもできることが

よくわかった、楽しいおしゃべりでした。


お父さんが腰痛があるとおっしゃるので

プチ氣圧療法もさせていただきました。


私にできることが どなたかの笑顔に繋がっていることが

嬉しいですね。  


Posted by まきの じゅんこ at 22:02Comments(0)白雪姫プロジェクト氣付き深い想い

2017年10月23日

端座位 50分(2)

恭平さんの病室には日々のスケジュールが貼ってあり

分刻みで次々とおかあさんがこなして行きます。


今は病院でリハビリすることが生きがいになっているそうです。


瞬きや笑い声は恭平さんが周囲の状況がわかっていて

ぴったりのタイミングでできるようになりました。


最近、よく泣くんやけど なんでかなぁ?とおかあさん。


恭平さんは泣いているんじゃなくて声を出す練習していると

指談で教えてくれます。

だから消灯後はやりません、と。


おかあさんは引き出しのノートで確認されて

「それはわかる、看護師さんがよく眠っていると書いてくれとる」と。


出したいときに声が出せるようになってきたのですね。


そういうやり取りをしながらもリハビリメニューはどんどん進みます。


端座位は午前に50分、その後機械で足漕ぎ5分、

足先の刺激もたっぷりされてそこから端座位のままで

お父さんが恭平さんの上体を左右にゆらゆらと動かします。


この方法も脳幹にとても刺激が行くんだそうです。

私も白雪姫プロジェクトでそのことを知りました。


足漕ぎの機械になる前はおかあさんが手動でしていて

恭平さんはおかあさんが疲れてしまうことを心配されていました。


思いやりの深いお人柄が指談にも表れます。


一旦ベッドに横たわると 優しい声があ~~、と出て

氣持ちがいいんだと教えてくれます。


病院で受けられるリハビリもありがたいのですが

ご家族ができるリハビリは時間をたっぷり使えるし

触れあいがきっと治す力を強くすると感じます。


50分も座れるようになった恭平さん。

先月とはちょっと違う感じです、決意のようなものが伝わりました。



  


2017年10月22日

端座位 50分 (1)

photo by Tetsuro Matsubara
2015年から 隔月だったり 数か月ぶりだったり

何度も病室にお伺いしている 男性がいます。

心停止から脳に障害を受けて四年目の方です。



初めて会った時、指談でお話をさせていただいて

諦めなければ回復の可能性があること、

白雪姫プロジェクトのこと、宮ぷーが独り暮らしを始めたこと、

回復のためのリハビリの方法のいくつかをお話して、

それと瞬きの練習の自主リハビリを恭平さんにお願いしたのでした。


その次に会った時には瞬きが上手にできて

瞬きでハイ、イイエという思いを伝えられるようになっていました。


今は笑うことも泣き顔もできるんです。


今回、かっこちゃんが 病室にいっしょに行ってくれて

ご本人とおかあさん、おとうさんの頑張りの様子は

きっと誰かを元氣にしますから 発信しませんか?

と尋ねました。


『僕のいのちが繋がっていることで誰かの役に立つなら

本当に嬉しいです。生きている意味を見つけられます』と

指談で伝えながら泣き顔になりました。


『そのためにどうしたらいいですか?』と聞きかれました。

かっこちゃんが 発信することです、と答えて

『いつか自分で発信できるようになりたい』と教えてくれました。(つづく)

  


Posted by まきの じゅんこ at 01:28Comments(0)白雪姫プロジェクト深い想い

2017年09月23日

初対面で



7月に伊丹市で開かれた
に参加してくださったご縁で

愛知県のNPO法人を見学させていただきました。

最初に見学したのはビニールコードの長さを整えて

5mにし、綺麗に巻いて束ねる作業を5人でされていて

もうお一人がプラスチックの選別をされているお部屋でした。


長さを整えるところに就いていたNさんは独り言を繰り返していたのですが

挨拶をすると「9月にね、男の人が自転車でドーンとぶつかってきたの。びっくりした!」と

話してくれました。今月のできごとなのかと思ったので

今でも痛いですか?とNさんに伺うと 痛くないと言いました。


スタッフのTさんが「小さな時の体験のようです」と教えてくださいました。

声に出している言葉が思いと一致しない方もいます。

普段のNさんは勝手に言葉を出している感じだったのでしょうか。

「Nさんが初対面の方と話すことにとても驚きました」とTさんがおっしゃいます。


Nさん、握手してもいいですか?って伺うと しばらく両手を交互に見てから

右手を差し出してくれました。

私の指談はどこかが繋がれることで伝わるようになります。

Nさんからは「僕の言いたいことが伝わるの?」という思いが伝わってきました。



そしてほっとされたような穏やかな表情になってまた作業を始められました。



自転車が突然ぶつかってきたんだということ、びっくりしたこと、痛かったことを

これまでうまく表現できずにずうっと抱えていたのでしょうか。


前に私に「対話というものは時間をかけて関係性を作った上で成り立つもの」

というご指摘をいただいたことがありました。

でもね、私が伺う時はだいたい初対面の方とのことがほとんど。

伝えたい思いがあると初対面でも伝わるんだと実感しています。

それはフリーで平らかな出会いを心がけているからかも知れません。


外側に見えていることにとらわれずに内面の素敵ないのち、に

フォーカスすることではないでしょうか。


ブログでにも書いています。





















  


Posted by まきの じゅんこ at 21:27Comments(0)白雪姫プロジェクト深い想い

2017年09月17日

外出できたこと


同じ病院に これまでに何度もお伺いしたみっこちゃんのお母さんも

意識障害で入院されています。


それで、みっこちゃんとお母さんに了解をもらって

先ほどの、Sさんのお母さん、妹さんに 指談でおしゃべりの

実際をご覧いただこうとかっこちゃんが思いついて

みっこちゃんのお母さんの病室へ。


みっこちゃんのお母さんは 二度目くらいから◯と伝えたい時に

膝や足先までも ◯の形に動かせるので(無意識に動く感じ)

見ていただけると 私の声だけでなくおしゃべりのことが

わかってもらいやすくなりました。


そして二度も八月は自宅へ外出できて驚いたり

嬉しかったことや、ご主人が話しかけてくれて

嬉しかったということも教えてくださいます。


秋に紅葉を見られるように外出の計画もあって

楽しみにしていることも教えてくださいました。


病室から失礼したら、お母さんが泣き顔のようになって

「何か伝えたいみたいです」とみっこちゃんに呼ばれました。


みっこちゃんのお母さんは Sさんのご家族に

「話しかけてもらえると安心できます、さっきの方にもそれを言いたい」と

伝えたくてもう一度私を呼んだことがわかりました。


表情も増えて、同じ意識障害の方を応援する思いも聞けて

お母さんの優しさや思いやりの深さが伝わって、そうして

みっこちゃんの優しさや思いやりの深さがお母さん譲りということが

よくわかって 暖かい氣持ちになりました。



  


Posted by まきの じゅんこ at 04:11Comments(0)白雪姫プロジェクト深い想い

2017年09月05日

思いやりの声


photo by Tetsuro Matsubara
Yさんのお母さんが Yさんが夜にずうっと声を出して

なかなか寝ないこと、どうしてなの?とたずねました。


お母さんが同じ部屋で寝るとすぐにすうっと寝入るけれど

どうして一人じゃ眠れないのか、教えて、と言うと

お母さんの身体のためには 早い時間に寝ることが大事、

睡眠時間の合計が一緒でも 遅くに寝たのと

早い時間に寝るのは違うから、という答えでした。


眠れないから声を出していたんじゃなくて

お母さんの身体を思いやる声だったとわかりました。


今夜からは11時には寝てね、というYさんなのでした。

意思疎通ができない、と思われていたのに Yさんは

優しい思いやりでお母さんに感謝して暮らしていました。

指談をきっかけに 伝えあうコミュニケーションをしてくだされば嬉しいです。
  


Posted by まきの じゅんこ at 02:47Comments(0)白雪姫プロジェクト深い想い

2017年06月25日

さくやちゃん

さくやちゃん 指談でおしゃべりする勇者さん。

天使のような笑顔です。

ほっこり、にっこりの勉強会でした。


こちら

心臓の手術を3月にして

「だいじょうぶです」と言いたかったそうです。

膀胱に結石ができて 出るときに痛みがあるんですが

だいじょうぶって言ってくれます。

18トリソミーのとってもキュートな三歳児。

来月もよろしくお願いします。

  


Posted by まきの じゅんこ at 09:04Comments(0)白雪姫プロジェクト深い想い