指談(ゆびだん)でお話しましょう!

2017年07月05日

耳のまほう

7月1日(土)の 耳のまほう。


どうやって運んだの?というサイズの巨大な流木や

貝殻をキラキラとあしらった木の枝製の大小のティピ。
大きな切り株。

柔らかな緑の芭蕉葉の曲線が自然の空間とホールの空間をつないでいました。
早くおいでになられたお客さまもスタッフのように椅子を並べて会場設営をしてくださった。
(会場設営の時間は僅か25分!)
照明を押さえた会場に200人を超えるお客さま。

一部は私と指談のこれまでのことをお話し、二年前の響さんとの出逢いについてのお話。

会場のみなさんに感性の扉を開くデモンストレーションを体感していただきました。

二部は初めてのステージに挑戦した最重度の自閉症といわれる響さんの耳のまほうを体感していただきました。


響さんはしっかりとおかあさんの淑美さんに思いを伝えていきました。

響さんに聞くと、耳のまほうというのは 指談や筆談も含んだ 言葉によらないコミュニケーション。

かっこちゃんの言う、心の目と耳を澄ますことで伝えあえることなんじゃないかしら。


この日 響さんは拍手をした。生まれて初めて。

バイバイと手を小さく振った。生まれて初めて。


参加されたみなさんが知識ではなく、耳のまほう、響さんの世界を体感しようとしてくださったことが嬉しいです。


ランディさん、中津川さん、ありがとうございます。

主催のジョーさん、里菜さん、準備ありがとうございます。

耳のまほうが広がれば世界平和が叶うという響さん。


アリゾナに行きたい、という夢も叶う日が近そうです。


  


Posted by まきの じゅんこ at 01:00Comments(0)指談(ゆびだん)って?

2017年07月03日

耳のまほう 響さん

6月末。一年の半分が過ぎてしまった日。神道では大祓いの日。

朝からオオツキタイジさんのメッセージで 嬉しくなる。
オオツキタイジさんは多才な方。

私の中では物静かなカメラマンとして記憶していた方。

お仕事でヨーロピアンフラワーのアレンジメントの撮影をされ始めている。

そして撮影後のアレンジメントをプレゼントすることになさってFacebookにその投稿をみつけた。

一回目は先着一名ということで 私が手をあげたらすでに二番目で、残念〜。(^^)

と思っていたら!繰り上げで私にいただけることに事情が変わった!

ハズレたと思い携帯をみることもなく何も知らずに一日を過ごして午後7時すぎにタイジさんのメッセージに氣付いてたもの、もう他の方、しかもその方に渡たるベストなタイミングで渡された後でした。


二度目からは何かお花が欲しい理由をコメントしてタイジさんが渡す方を決めることになって手を挙げたけれど やはりそのタイミングで渡すべき方が現れた。

ちょっと不思議な手渡され方をする、アレンジメントのプレゼントなのです。


撮影日は大まかに決められていても都合で一回飛ばしたりもするのに三度目はすぐに募集があり、指談(ゆびだん)との出逢いで、20年間コミュニケーションが取れなかったのに家族とも支援の方とも指談(ゆびだん)でコミュニケーションができるようになり、初めての講演会、耳のまほうでステージに上がるために伊丹へ来てくれる響さんに渡したい!とコメントを残しました。


今回は私の他には誰も手を挙げなかったことも不思議です。


夕方、待ち合わせの場所に現れたオオツキタイジさんは響さんのこと、翌日の講演会のことを聞かせて、と私へのインタビュー動画を付けてFacebookにアップしてくださいました。

その時点でイベントの残席がまだ25席以上残っていたのです。


預かったアレンジメントには伝筆(つてふで)でメッセージを書いてくださいました。

タイジさん伝筆も教えていたそうです。

響さんのこと、指談のことを聞いたら行きたくなったけど耳のまほうの日はお友達の結婚式だからビデオ、撮りますかね?見たいな!とおっしゃる。

スタッフに撮影を確認のメッセージを送ったのにその返事が待ってもなかなか来ない。
あれれ?

お夕飯時だからなぁと思っていたらタイジさんがご自身の家庭用ビデオを貸してくださることに。

自転車なんで取りに行ってきます待ってて、と。


そして動画がアップされ、当日は申込がびっくりするほどあって満席に、それでも足りずに椅子を急遽追加することになりました。


タイジさんの動画、すごいです。  


Posted by まきの じゅんこ at 10:05Comments(0)指談(ゆびだん)って?出会い耳のまほう

2017年07月03日

サプライズ サプライズ!


素敵なアレンジメントのお花を カメラマンの オオツキタイジさんが

プレゼントしてくださいました。

実は このお花のプレゼントにはとても不思議な流れがあるんです。

そのストーリーをタイジさんが インタビューして動画にしてくださいました。


  


Posted by まきの じゅんこ at 09:46Comments(0)指談(ゆびだん)って?耳のまほう

2017年06月29日

五 五 二十五





今年、11月26日(日)に東京で初上映予定の ハートオブミラクル配給、「蘇れ 生命の力」の真弓定夫先生の言葉です。

(この映画、関西は12月3日に初上映会かあります。各地でも12月3日から自主上映会があります)

五分 五日 二十五日で 「ごごにじゅうご」


呼吸は五分止まれば命にかかわります。


水は五日摂らないと命にかかわります。


食べ物は二十五日食べられないと命にかかわります。



生まれたばかりの赤ちゃんは三日分の水筒とお弁当を持って生まれる、そうお話されたのは お産の家の吉村先生。



お二人はおっしゃることも話ぶりも似ていらっしゃる氣がします。


人の持っている力はすごいなぁと思います。
  


Posted by まきの じゅんこ at 11:03Comments(0)白雪姫プロジェクト

2017年06月25日

いたみホール内中ホール は 6階です。

もうすぐ 耳のまほう。

会場は 伊丹市にある いたみホール 内 中ホール




中ホールというのは 6階にあります。

エレベーターで 6階にいらしてくださいませ。


お申し込み 受付中です。

  


2017年06月25日

さくやちゃん

さくやちゃん 指談でおしゃべりする勇者さん。

天使のような笑顔です。

ほっこり、にっこりの勉強会でした。


こちら

心臓の手術を3月にして

「だいじょうぶです」と言いたかったそうです。

膀胱に結石ができて 出るときに痛みがあるんですが

だいじょうぶって言ってくれます。

18トリソミーのとってもキュートな三歳児。

来月もよろしくお願いします。

  


2017年06月20日

もうすぐ!


7月1日(土)に 伊丹市のいたみホールで
耳のまほう〜ことばの外の世界を聴く〜という対談のイベントがあります。

田口ランディさんと 土井響さんとおかあさんの淑美さんと私、他にも応援に来てくださる方がいらっしゃればそのみなさんと。

ことばを話せないと思われていた土井響さんが2015年7月に指談と出逢った瞬間から文字による会話ができるようになった、そのいきさつや変化から誰もが持っているコミュニケーションの力について紐解いていく時間です。

私は指談を伝えた日以降の響さんしか知らないのですが おかあさんも一緒に登壇されるのでそれまでの響さんのことも教えていただけます。

チケットは6月24日までは割引きがあります。

http://ear33.peatix.com/


  


Posted by まきの じゅんこ at 12:41Comments(0)

2017年06月17日

いつかまた

青すぎるほど澄みきった青空。

もう6年前になる(!!)ブルガリアの空。

6月の旅は暑くて熱くて とても心に残っています。

またあの空を眺めてブルガリアの素朴な空氣の中で

時間を過ごしたくなりました。


願いは叶うから、きっと近い将来に 行けると思います。

今からちょっと楽しみにしています。


「諦めない」を こんなことにも発揮するのです。  


Posted by まきの じゅんこ at 04:12Comments(0)指談(ゆびだん)って?氣付き

2017年06月16日

奇跡のりんご


無農薬、無除草剤、無肥料の奇跡のりんご。

奇跡のりんごの木村秋則さんの提唱する、自然栽培。

木村式自然栽培は農薬も除草剤も使わず、無肥料の栽培です。

14日はNPO法人 大阪府木村式自然栽培実行委員会のミーティングでした。


岡山県にNPO法人 岡山県木村式自然栽培実行委員会があり、

大阪では 木村式自然栽培で育てられた岡山県のお米、お酒などを

賛助会員さんを募って販売することと自然栽培の広報をしています。


木村秋則さんのユニークな人生は 奇跡のりんごという書籍にも映画にもなっています。

実際にお会いすると 本当に魅力的な 常識にとらわれない信念の人です。


偶然、昨日のかっこちゃんのメルマガにも 奇跡のりんごの本のことが

太さんの日記として 紹介されています。

http://www.mag2.com/m/0001012961.html


祈りや思いやりのエネルギーは 届く、科学もそのことを認め始めました。

人はみんな深いところで繋がっている、白雪姫プロジェクトの思いと同じですね。
  


2017年06月14日

倉敷へ


倉敷へ 指談のお話をさせていただきに行きました。

口コミで集まっていただいたみなさんは 今すぐに指談を

必要とされている方はいらっしゃいませんでした。


主催の二宗さんの 息子さんとの指談の実体験を聞いていただいた後、

白雪姫プロジェクトは 平らかな関係でみんなが幸せになれることを

目指していること、かっこちゃんのこと、メルマガのことを紹介して

指談で出会えた勇者さんのこと、コミュニケーションの方法が

言葉や身ぶりのほかにも たくさんあることを お話させていただきました。


こうして倉敷でお話をさせていただくと まだまだ白雪姫プロジェクトも

コミュニケーションの可能性のことも 伝えていかなくちゃ、と思います。


スマホを私に手渡して「メルマガに登録してください」とおっしゃる方もあり、

久しぶりの登録手続きでしたが 携帯から

こちらのアドレス

a0001012961@mobile.mag2.com


空メールを送って 無事登録完了しました。

みんな違って素敵なのだということ、みんなが平らかな関係で幸せになれること、

毎朝届くメルマガ(無料)を 読んでくださると嬉しいです。

倉敷へはまた10/28 にお伺いする予定です。


セルフケアのクラスもできるといいなぁと思います。